デザイン集団

Before-After 実例紹介

abo001

ところで70RENOVATIONのリノベで、どこまで変わるの?
70年代不動産のホームページをご覧いただいているので、すっかりリノベに興味津々のことだと思います。
新築より、断然リノベ派なんて方も多いのではと思います。

さてさて、さぁリノベでどこまで変わるのでしょうか?
ポイントは限られた予算の中でどこまでデザインできるか。
既存の下地や建材を最大限活用しつつ、もちろん老朽化した箇所は新たな物に変えます。
コストを抑えながらも、新旧がたくみに融合しお洒落なデザインへと生まれ変わります。

それでは、リノベーションした実例を紹介させて頂きます。

bea01a
ba01s

BEFORE

BEFOREをご覧ください。良く目にする、これぞ70年代の一般的な住宅。昭和の懐かしい装いです。

ba01

AFTER

AFTERは明るい白の塗り壁仕上げにより、おしゃれでアメリカンな外観に変身しました。また、既存下地の上から施工する事ができる外断熱工法によりEPSボードを貼付して、STOのロータソンという超撥水塗料により仕上げ、「機能的にかっこよくする」を実現しました。外壁リフォームを考えている方には、おすすめの工法です。

bea02a
ba02s

BEFORE

この年代には良くある、ダイニングキッチン横の和室。今の生活スタイルでは考えられませんが、どの家のリビングも和室だったのでしょうね!いつの頃から茶の間をリビングと呼び始めたのでしょうか。

ba02

AFTER

昭和時代の茶の間が、カフェのようなお洒落なリビングに大変身。天井も高くなっているので、開放的。特殊技術により施工したレンガ調の壁がGOODです。

bea03a
ba03s

BEFORE

懐かしいベージュと小豆色のタイル貼りキッチン。この家の面影を残しながら、おしゃれに変身させるのがプロの仕事。

ba03

AFTER

新旧が融合して新たなデザインが生まれる面白さもリノベーションの魅力です。吊戸棚と小豆色のタイルは、昔のものを再利用。キッチンはIHクッキングヒーターや食器洗浄機などの最新設備です。

bea04a
ba04s

BEFORE

この年代の部屋は、どの部屋も和室、和室、和室。子供部屋も当然和室だったんでしょうね。

ba04

AFTER

襖で区切られた和室の間に黒板塗料を使った壁を造りました。また、男の子なら誰もが憧れる階段付のベッドスペース!カラーリングもPOPでかわいらしい仕上げにしました。

bea04a
ba05s

BEFORE

本当に良くある一般的な和室です。襖も長年の利用でぼろぼろになってますね。

ba05

AFTER

押入れだったスペースを思い切って広げ、机やベッドスペースにする事により、お部屋が広くなりました。フロアはカーペットに変更したことで、肌触りがよい部屋に変身しました。

bea06a
ba06s

BEFORE

70~80年頃に流行した市松模様に貼った複合フローリング。また時代が巡ってかっこよく見えますが、こちらも変身させます。

ba06

AFTER

ベージュと淡いグリーンがリゾートのホテルを感じさせる、落ち着いた大人の雰囲気を演出しています。全部屋サッシはインプラス(2重サッシ)を設置してある為、騒音や断熱効果もアップしています。

bea07a
ba07s

BEFORE

時代を感じる洗面台ですね!新築当時から変更してないのが一目でわかります。

ba07

AFTER

オリジナルの洗面化粧台でお洒落な洗面所に大変身!普通じゃ満足できないという方におすすめです。

bea09
ba09s

BEFORE

ここでも登場しましたあ。市松模様に貼った複合フローリング。本当に流行していたんですね。照明も時代を感じます。

ba09

AFTER

びっくり仰天!なんと山小屋風のお部屋に大変身。大人の趣味の部屋ってワクワクしますよねッ。こんな楽しそうな部屋で、時間も忘れ趣味の話で盛り上がってはいかがでしょうか。

bea10
ba10s

BEFORE

THE昭和の和風住宅といった玄関。これがリノベーションで洋風になるとは想像できません。

ba10

AFTER

まるで、海外にある飲食店のような雰囲気に大変身。木製玄関と白い塗り壁がベストマッチしてます。玄関ポーチのタイルは、特殊なオーバーレイ工法により、ラフでかっこよい仕上げになっています。

PAGETOP
Copyright © I.D.L COMPANY All Rights Reserved.